消えた映画館を探して おかやま、昭和の記憶
{{detailCtrl.mainImageIndex + 1}}/1

消えた映画館を探して おかやま、昭和の記憶

¥1,980 税込

送料についてはこちら

SOLD OUT

映画のロケ地を訪ね歩く紀行シリーズ『瀬戸内シネマ散歩』の著者が、消えた映画館の記録をまとめた探訪記。 時事映画通信社発行の「映画年鑑1960年(昭和35年)版別冊映画便覧(映画館名簿)」に掲載されている岡山県内の映画館を対象に、その跡地を訪ね歩き、現地では当時の経営者、親族、近くの住民からの聞き取りを中心に調査。 著者にとって「夢の館」だった映画館たちのストーリーを探る。 各地の図書館では、新聞、雑誌のチェックに時間を費やし、平成29年9月から始めた取材は令和に代替わりするまで続いた。 営業当時の写真や上映看板、新聞広告など、豊富な資料が満載。 岡山の映画館の歴史に触れる一冊。 ■著者:鷹取 洋二 (著) ■仕様:A5判 並製本 ■ページ数:307ページ ■ISBN:978-4-86069-626-9 C0095 ■初版年月:2020年6月